荒島工業設置クレーン
HOME>点検・修理
点検見出し1

高所作業"width="180" 月例及び年次点検

ご存知ですか? 事業者は、クレーン等を設置した後、所定項目を年1回及び月1回の自主検査が義務付けられています。
そして、対象は吊り上げ荷重0.5t以上の全てのクレーンとなります。
又、その点検実施記録を3年間保管することになっています。

素線切れ"width="180" 点検報告

ワイヤーロープの素線切れです。
点検で危険事故を回避できます。
写真入りの、わかりやすい点検報告書で危険度をお伝えします。
点検見出し2

スリップリング交換"width="180" 困った時の修理作業

「クレーンの動きがおかしい!?」「急に動かない!?」
弊社で点検のお取引が有れば、配置図やメーカー名,型式等がすぐ分かり、適切な工具類を準備し、適切な対応を致します。
対応後は、すみやかに作業完了報告書と共にご報告致します。

本体乗せ替え"width="180" ホイストクレーン乗せ替え

役目を終えたホイストクレーンから新しいホイストクレーンに乗せ替えです。
高所での作業も慎重に、”安全第一”で行います。
様々なメーカーに対応しております。
画像の説明
MENU
LINK
  • 株式会社日立産機システム
  • 三菱電機FA産業機器株式会社
  • 日本ホイスト株式会社
  • 株式会社キトー
  • (社)日本クレーン協会
  • Copy Right(C)2015 荒島工業株式会社All rights reserved.